単気筒エンジンがもたらすトラディショナルな文化

  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect
  • Chrysler Reflect

--/--スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/19カスタムのススメ

オートバイ感については人それぞれ、カスタム派もいればノーマル至上主義も。

我々OSTに於いては、カスタム大推奨!です。


カスタムと一口に言っても、それも多様なものです。

自分流にアレンジするといった表現が一番でしょうか。

単なるパーツ交換ではなく、意思や目的・コンセプトのあるカスタムは、どんなジャンルであれカッコいいものです。

単気筒のオートバイをカスタムする上でやはり多いコンセプトは、全盛期の英国車でしょう。

勿論英国車もすばらしいですが、今日はそれ以外で印象的なオートバイを紹介します。


ミュンヒ TTS

ddedde

この姿でノーマルです。

元々ハンドメイドの少数生産品ですから、同じモデルでも仕様が違うなど当たり前のようですが。。

何ともいえないこのムッチリ感、すばらし!!


BMW R69S

dddedddd

私がSR400に乗っているとき、このフォルムに大きく影響を受けました。

無骨でありながら、機能美に優れ、均等のとれた優雅なフォルム。

フロントからリアまで、一貫したボリューム感、すばし!!


ファルコーネ

ddddeesd


無駄のない設計、主張的なエンジン、美しいにも程がある!!


JAWA 500 (名称不明)

fdsw


恐ろしいくらい美的じゃない!

なにこのナセル!

なにこの無駄のないエンジンスタイル!


言わずと知れたパリラ

ggeafbve


宝石だわ。


日本からも  ライラック

ddddddddddde



ブリジストン

desazz


まだまだ魅力的な車両は山ほどありますが、今日はこの辺で。

次回は「阿佐ヶ谷系カスタム」についてでも書きましょうかね。

ffrzz


某アンティークスカフェのW650

スポンサーサイト

05/17日々怠ることなかれ

ぼちぼちと夏の日差しを感じるこの頃、日中の気温も20度を越すようになりましたね。

この時期はツーリングに向けての整備など、オートバイ市場も潤う時期です。

毎日通勤でこき使っていますが、燃調に熱対策にと、オートバイ三昧の日々です。


私の車体はキャブレターをFCRに換装してありますが、これはとても優れた逸品です。

固体のバラつきも皆無ですし、セッティングも好みに応じて簡単に変更できますし、給排気と併せて体感できる性能UPが可能と、ほんと良いキャブですね。

いまさらFCRについて語っても仕方ないので、この辺で。。


さて、先日の夜走りも盛況で、60~70台来たそうな。

カッコいい車両だらけで、カスタムって奥が深いな~といつも思います。

もちろんご存知のように、みなさん走ります!

ダーーーーっとね!

私のも100マイルは制覇できましたので、もう十分ですね。

次回は7月ですかね。

楽しみですね。


今日はTRカンパニーにて、発電系のチェックをしてきました。

なんとなく、ほんとなんとなく、メーターないのインジケーターがおかしい?ようなないような感じだったので、気になるついでに見てもらいました。

もともと頑丈なW1、強いて言うなら発電系が弱いので故障の前触れかも?と不安になります。

ddddddddddddee

テスターあててエンジン始動、みるみるとVが上がって、、、、15V超えてもまだ上がる。。。

ダイナモは生きているようだが、どうやらレギュレータが怪しい模様。

cedddee

たぶん当時もののレギュレータがいらっしゃいました。

調整で直りそうな状態でしたが、リプロ品に交換することに。

sawwsse

その方がいい。

気分がいい。

致命的なトラブルになる前、いいタイミングでした。

この間も車体を磨いていたら、フロントブレーキパネルのカムのリンケージ部分のβピンが破断していて、冷っとしました。

走行中にブレーキ逝ったら、、と思うと恐ろしい!


現行車・日本車と言えども、絶対に壊れます。

致命的なトラブルになる前に、予防したいものですね。

日々のメンテナンス、需要です。


さて、告知。

5月24日(木曜日)、平日ツーリングを行います。

行き先、集合等未定!詳しくは当日までにコミュニティー及びメールにてご連絡いたします。

こちらから申し込みの際は、直接連絡ください。


6月23日(土曜日)、宮ヶ瀬近辺でBBQを開催します。

こちらも詳細はコミュニティーにて告知しておりますが、直接の連絡もお待ちしております。

まだ開催まで日にちがありますので、ご都合がつく方は是非!

開催の前に、一度アンティークスカフェにてミーティングを設けます。

16日土曜日あたりを予定しております。

03/08革で作ろう!

冬の寒さも峠を越えたようで、そろそろ春の日差しも見え隠れしてきましたね。

三寒四温といったこの頃、HPの更新はだいぶ遠のいておりましたが、相変わらずカフェミーティングやちょっとしたツーリングは開催しております。

私事ですが、昨年末にエンフィールドを手放しましてW1Sに乗り換えてました。

正式なご報告としては未だだったかと思いますので、この場でしておこうかと思います。

w1s

69年ですかね、カワサキあれです。

元来、単気筒を好いていましたが、他のエンジン形式も知らないことには見えないものもあると思い、とりあえずこれを購入しました。

比較車としては申し分ない素材だと思います。

二気筒に興味のある方にとって、少しでも参考になるインプレッションを得られれば幸いです。


さて、報告はこの辺で。

最近に始まったことではないのですが、革のアイテムってどうしてあんなに魅力的なんでしょう。

特に オートバイ × 革 って、ベストマッチ!

エンフィールドアーミー乗りのチョーさんのお宅に突撃して、革細工の指南を受けてきました。

チョーさんも最近革細工に懲りだしたようなんですが、

こんなん

ddsa

とか、長財布とか作ってます。

で今回のは、むき出しのETCをお洒落に装飾できないか?ということから始まったプロジェクト、まずはそれの製作から。

寸法を測り、革を切り出し、手際よく金具を取り付け・・・・・・

はい、こんな感じで

wwwwwwwwsss

オイルを馴染ませて、完成!

aaqaqaqa

いいじゃないか。

自分で作った(作ったのはチョーさんだが)ものだけに、二割り増しでよく見える。

こういうの求めてたんだよね~

・・・・・・・

大体ここまで30分くらい、まだまだ外は明るいし、一日は長いぞ!ということで、先生が「カバンでもつくりますか?」なんて仰るもんで。

何度か軽く断って見たものの、心底の欲求に負けーの。

市販のサイドバックじゃグッとくるものがなくて、以前から考えていたサイズのを作ることに。

ラチェットを持ち歩く用に、縦長で細身のカバン。

寸法を測り(先生が)、台紙に下書き・切り出し(先生)、そしてこれを素材の革に写して切り出しから。

eededd

切っているのは私です。

真っ直ぐ切れるかな~なんて不安でしたが、思いの他上々な出来かと。

次は切り出した革を形に組みます。

llols

そして悪魔のフォーク(今命名)

ffrfde

と木槌を使い、ガンガン穴を開けていきます。

ggrd

そして縫い合わせ。。。。。。

すげー大変な作業すぎて、写真をとり忘れ。。。。

そしてボタンなどもつけます。

ddcf



ggrf

して

さらに穴あけ・縫いつけを繰り返し

開始から4時間半の後

ggeed

完成!!!!

なんだこの達成感・・・・

二割り増しどこじゃないぞ、こりゃ。

とにかく専用の工具などを揃えてからの話ですが、これは面白い作業でした。

イメージが形になるって素晴らしいですね。

趣味としてよいかもしれません。


ツーリングのお知らせです。

3月18日、日曜日、神奈川県の三崎までツーリングをします。

今回は小金井のTRカンパニーさんの企画イベントに便乗といった形をとります。

いつもと違いかなりの大所帯ですが、スピードにあわせて小分けにして走りますので、気兼ねなくのんびり走れます。

普段見られないような古いオートバイも大勢くるとは思いますので、新鮮なイベントになると思います。

集合時間等はTRカンパニーさんのHPにありますが、私たちは7時半ごろを目安に第三京浜の保土ヶ谷SAでお願いします。

本陣の出発は8時半、保土ヶ谷ですが、ご参加の方は早めの行動でお願いします。



関係ない話ですが、最近コレいいと思います。

ddedde

11/0612月2日

金曜日、夜は8時ごろより、渋谷にて忘年会を企画しています。

ミクシー内のトピックスより詳細はご確認ください。


最近パソコン壊れてて、ホムペの更新もままならない。。

09/08ロイヤルエンフィールドというオートバイ

ノロノロとした歩みで猛威を振るった台風が過ぎ、それからというもの湿度が下がりすごし易い陽気になりましたこの頃、みなさんは単気筒生活いかがお過ごしでしょうか。

HPには書いてませんがOSTはけっこう活動しておりまして、夜ツーリングをしてみたりカフェで集まったりと、オートバイ生活を楽しんでおります。

先日ステッカーも追加で発注してきましたので、来週くらいには出来上がります。

IMG_0221.jpg

↑↑
今回は多めにつくりましたので、欲しい!って方は連絡ください。
念のため言っておきますが、【有料】ですので悪しからず!!


さてさて、今日はロイヤルエンフィールドというオートバイについて書こうと思う。

最近じゃ居るとことには居るようになったロイヤルエンフィールド。
特に某アンティークスカフェや某TRカンパニー界隈では、SRより市民権のあるといっても過言ではない一団であるが、その素性については割と未知数であると言えよう。

ずばり、「エンフィールドってどんだけ走るのよ?」ということだ。

私も今年3月に納車したばかり、購入までは色々とリサーチをしてましたが、大体は「エンフィールドは壊れる」といった系統の情報ばかり。
ネットでは比較的酷評が多く、せいぜい「愛着があればいいんじゃない?」的なところ。

しかし某アンティークスカフェのエンフィ乗りたちの評判は、割と正反対であった。
実際参考にならないくらい絶好調な車両も居たり、ただみんな揃って結構元気な状態である。
煙吹いてるのも見たこと無かったし、遅いというほど遅い人もいなかったし。

そんなこともあり、長らく3台に渡って乗ってきたSRを下り、エンフィールド500を購入したわけです。

ddddeesss

6年落ちの5速ミッション、程度は良い方でしょう。
納車時に腰上をオーバーホールしてます。

新型のエンジンが出回っている今、旧型のエンフィールドについて調べている人がどれだけ居るかはさて置き、記録としてエンフィールドについて書いておこうかと。


1.過剰に心配するほど壊れない

国産車のどれと比べても出来は悪いですが、オートバイの基本性能は備えてます。
ただ、手放しでは決して乗れません。

よく2000年以前と以降で機械精度が云々と言われてますが、比べたこと無いのでわかりません。
自分のを基準としてますが、壊れる前に直すことと、車体からのサインを見逃さない感覚や性格を持っていれば、特別困ることはないと思います。

月平均1400キロペースで乗ってますが、まぁ今のところ大丈夫。


2.決して速くないが、遅くて困ることも無い

エンフィ500はSR400と比べる人がいますが(購入の際の基準として)これは全く相手になりません。
500ccといっても22馬力程度、国産の250cc単気筒程度です。
加速なんかは、スーパーカブ90くらいでしょう。
カブ90でも、本気で加速しようとしたら割と速いでしょ?そんな感じです。
例えばエストレヤと比べても、エンフィ500の方が相当加速は遅いです。
しかし、70キロくらいからの加速は同じくらいです。

街中では車の後ろでジェントルに走るのが調度よいと思います。


3.味

使い捨ての道具としては最悪の乗り物ですが、ともに時間をすごすパートナーとしてはいい奴です。
SR400にも国産250にも無い、呼吸をするオートバイ、そんな感じです。

アイドリング付近からしっかりとパワーがでていて、アクセル操作はとても楽です。
トルクの塊に押されているような不思議な加速をします。

でも、遅いです。

でも、楽しいです。

ほんと、楽しい乗り物です。



なんか投げやりになりましたが、今日はこの辺で。

だってー、眠いし。。


あー。10月8日に秋のツーリング企画してます。

どしどし参加表明まってます!

What's O.S.T

Author:メンバー
● 多車種で行うツーリングではどうしても力不足が否めない単気筒バイク、ということで単気筒だらけで『まったり』ツーリングやカスタム、ミーティングなどしませんか?

そんなコンセプトの下、「 O.S.T.~Only Single Touring ~」を結成しました。


● 都内近郊から出発できる方で、126cc以上の排気量(高速道路利用可能であればOKです)を備えた単気筒かつ4st車にお乗りの方、一緒にツーリングへ行きませんか??

● 「ちょろっと今晩走りたい!」ときや、「パーツ屋巡りしたい!」とき、「どうしても作業に人手が必要!」などなど、コミュニケーションを取れたらいいなと思います。

★ mixiにてコミュニティー運営中「単気筒ツーリング ~都内から~」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4592545

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<style><script><applet><noframes><noembed><noscript><comment><nolayer>